Beastie Boys

音楽

今日は、音楽・ファッションともに大きな影響を与えた有名なヒップホップグループ、Beastie Boysをピックアップしたいと思います。

 

僕がロックやパンクが好きで聴いていた頃、彼らの音楽を聴いてからhip-hopにも興味を持ち始めました。

彼らは元々はパンクバンドとして結成したけれど、のちにhip-hopサウンドに転換したという経歴を持っています。

 

ヒップホップと言えど音楽的にはパンクやハードロックの色が強く、黒人的なリズム感を持ったものとまではいかないかもしれないが、hip-hopアルバムとしては初めてビルボード1位を獲得し、白人がhip-hopをし新しい革命を起こしました。

ラップでは黒人ほどのリズム感は持っていなかったのになぜ?と思うかもしれないけれど、それだけ彼らの音楽にインパクトがあり、受け入れられたということだと思います。

元がパンクだったから、hip-hopにもそういったサウンドも入っていたりと、オルタネイティブなhip-hopという感じ。

hip-hop=黒人のイメージを見事に覆し、彼らの影響で

その後白人のhip-hopアーティストも増えました。

 

 

彼らはまた、ファッションにも大きな影響を与えていました。

 

ディッキーズ、ベンデイビス、カーハートという作業服ブランドがあるのですが、Beastie Boysが少しルーズにオシャレに着こなしていたことで、そのブランドは注目され、ファッション性も高くなり、今ではゾゾタウンでも買える様なオシャレなブランドになりました。

彼らのおかげで有名になったと言っても過言ではありません。

 

今日本ではアディダスのcampusやgazelleが流行っていますが、

アディダス「キャンパス」と言ったらビーズティー・ボーイズ!という様にずっと前から彼らが愛用したことで大ブレイクしていました。

 

トップ画像にもあるように、adidasやpumaのスニーカーに、少しルーズ目なデニムやチノパンでコーディネートするファッションがオシャレでした。

今でもトレンドとして取り入れられているし、自分も取り入れています。

 

若い子たちは彼らがムーブメントを起こしたことは知らないだろうけれど、Beastie Boysがファッションに及ぼした影響はとても大きいものでした。

 

 

 

オススメ動画

 

 

Beastie Boys – (You Gotta) Fight For Your Right (To Party)

 

 

Beastie Boys – So What Cha Want

 

 

Beastie Boys – Sabotage

 

 

 

オルタネイティブのhip-hopだけど、演奏はロック。

この安っぽい音がまた味が出てて良い。パンクなhip-hop。

 

thirdアルバム” チェック・ユア・ヘッド ” がお気に入りです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました